かぶと明太子のあえもの

寒い冬がやってきました。冷たい北風が吹いています。

温かいお風呂が気持ちいいですね。。

しかし、空気が乾燥しているのでスキンケアは念入りに。

私たちも水を使う仕事なので、手荒れには気を使っています。

お互い、ケアに注意しましょう! ご自愛ください~


「かぶと明太子のあえもの」

めんたいことマヨネーズ、少量の薄口しょうゆで作ります。

これらはとても相性がいいので、どんな野菜にもおすすめです。

今回は、かぶ、かぶの葉、にんじん、

黄色ピーマンであえています。

かぶが手に入ったら、茎の根元3cmくらい残して切り分けましょう。

葉から水分が蒸発して、だんだんと「す」が入ってしまいます。

また、葉の方にはカルシウムがたくさん含まれています。

炒めものやみそ汁で使いましょう。

この葉が改良されたものが漬物でおなじみの「野沢菜」なんです。

かぶを作りそこねて誕生した!?という説もありますが・・・

 

×閉じる