おこめ

秋は収穫の時期~ということで、

スーパーでは「新米」が登場しています。

お米がおいしい! 季節ですね。

ところで、みなさん、、

「ごはん」っておいしく炊けてますか?

最高級のお米、最高級の水、最高級の炊飯器、

これがあれば、おいしく炊ける??

 

が、、

しかーし、、、、

お米を「研ぐ(とぐ)」作業は、

人間がやらなければなりません。

あなたの腕にかかっています!

では、どうやって研げばおいしくなるの・・・?

 

研ぎ方には、諸説いろいろとありますが、

ここでは簡単にポイントを・・・

 

まず、研ぎすぎないこと!

最近のお米は、精米、乾燥の技術が大幅に進み、

研ぎすぎ、水に浸しすぎると、逆にお米の

おいしさが損なわれることになります。

「30~40回かき混ぜる」

を2回くらい繰り返すだけでOKです。

水をきったザルの中で、グルグルと~

 

また、初めの水は10秒で捨ててください!

お米は乾燥されているので、水に触れると

すごいスピードで水を吸収していきます。

表面の汚れを落とすため、初めのすすぎは、

10秒程度で捨ててください。これを2~3回。

スピードが大事です!

他にもポイントがありますが・・

字数の都合上、続きは次回に~

 

新米は水加減を少なめに・・・と言われていますが、

これも、乾燥技術と炊飯器の進歩で

あまり気にしなくてもいいようです。

水加減や、水に浸す時間の加減で、

お好みの硬さ・柔らかさに調節してみてください。

今回はこのへんで~~

×閉じる