7月のバースレビューより Vol.1

7月にご出産の方々のバースレビューを一部ご紹介します。

※ペンネームの敬称は略させていただきました。

緊急帝王切開になり、ビックリしましたが、スタッフの皆さんが迅速に対応して下さり、なおかつ驚いている私に大丈夫だよ~と声をかけながら移動させてくれたので腹を決めて手術にのぞめました。手術が終わった後から、あの時は赤ちゃんが危険な状態だったんだなぁ~と実感がわき、先生をはじめスタッフの皆さんには本当に感謝しています。赤ちゃんと会わせてくれてありがとうございました。(カーミン) 質問や相談に対して、私の視点に立って親身になって答えてくれた点。また、今後の不安に対して前向きな言葉をかけてくれた受付の方や、清掃の方等含め、全てのスタッフの方の笑顔・印象が良かった第二子を出産する事があればまたお世話になりたいと思った (シン)

お産の時助産師さんが側にいてくれると、こんなにも心強いのかと、とても驚きました。出産の時も産後のケアも皆さんとても親切で明るくて、とても良い体験が出来ました未知の世界なので不安でいっぱいでしたが、皆さんのおかげで元気な赤ちゃんが産めて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです どう息んだらいいのか忘れてましたが、助産師さんお2人に分かり易く的確に言ってもらって思い出しました。常に声をかけてくれて、それだけで意識がはっきりしました。イタイ、もうイヤ~~イカンお腹の子がキツイなと思える位落ち着けた(?)お産になれました。看護学生さんを指導しつつ、お産をスムーズに進めてくれた助産師さん、ありがとうございました。助産師さんの額の汗を見てさらに頑張れました。素敵なお仕事これからもがんばって下さい。(しめサバ)

プレルームで陣痛に耐えていた時、助産師さんが細やかに状況を見に来てチェックしたり励ましたえいして下さったので安心してお産出来ました息子も産まれる瞬間立ち会ってへその緒を切るという貴重な経験をさせてやれて、とても嬉しく、心に残るお産になりました先生、助産師さん、受付の方、レストランの方、お掃除の方皆、親切でさわやかだったので、入院生活がとても楽しく、この5日間がお産に耐えたご褒美のように感じました。これから育児を頑張る力を頂けました。ありがとうございました。(あゆみ)

切迫早産で三週間入院中陣痛が来て35週3日で出産しました。安静の間は助産師さんを始め院内の方々からたくさんの励ましの言葉を頂き頑張る事が出来ました。早産で戸惑う私に、出産するまでの間、腰をさすってくれたり、「頭が見えてきたよー」「髪の毛ふさふさよー」と、一言一言くれたりが安心を与えてくれ、支えてもらいながら出産する事が出来ました。ありがとうございました。みんなお母さんの様に優しく親しく接してくれて安静入院から長い間落ち着いて過ごせました。(もこもこ)

私は、陣痛できつい時、何もかもどうでもよくなってしまったけど、旦那が間に合うかどうかずっと気にかけて頂き、きちんと連絡までしてくれてギリギリ出産に間に合った。入院しても、診察に来ても、毎回思うのがスタッフさんの対応がすごく良いところ気さくで親身でとても温かい。これからもアットホームな病院であってほしい。(しょうはるちゃん)

イベントカレンダー        
       
お気軽にフォローください
Follow us Aiwa Hospital SNS
×閉じる